So-net無料ブログ作成
検索選択

東電のリストラは正当であるか

東京電力はフクシマ原子力事故による経営悪化の為の対策を打ち出しました。その骨子は大別3方策となります。

1、 リストラ
2、 電気料金の値上げ
3、 保有不動産の売却  です。
このリストラ策は東電社員3万7千人の内の約1割を削減するというものです。
リストラと云う首切りが果たして妥当なものなのかを問いたい。
経産省は電力料金の値上げの容認、認可の為には大幅なリストラが必要で、それが前提になる、との見解を示しました。

続きはこちらから
      ↑クリック
nice!(94)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 94

コメント 4

斗夢

自分を正当化し、何かを人質(例えば計画停電)にとるやり方がいやですね。
自由化されて好きなところから電力を買えるようにならないでしょうか?
by 斗夢 (2011-09-28 05:04) 

katakiyo

安易な首切りでなく賃下げ、企業年金のカットでは無理ですか?
国の責任として増税、経営悪化で電気料金の値上げ、結局は国民負担に
なりますね、そこに抵抗は感じますが・・・。
by katakiyo (2011-10-01 13:47) 

成瀬

この時期に人力を減らすのが良いのかどうか。解雇された人もやはり次の仕事探さなきゃいけないわけで、つまり他の求職者にも影響出ますね。
by 成瀬 (2011-10-03 06:02) 

pn

まずはコスト見直しと賃下げ。なんであいつら平気でボーナスもらえるの?
正気とは思えない。給料自体いいんでしょ?
それに福一で頑張ってるのは孫請け日雇い軍団でしょ?東電正社員が直に行けばコストダウンですよ、うん。
自分たちが放射能を浴びてくれば事の重大さが分るんじゃないっすかね?
by pn (2011-10-05 18:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。