So-net無料ブログ作成

年頭のご挨拶    世界俳句連盟会長 小口貞雄

 新年の幕は平穏な天候のうちに開けました。例年ならば賀詞を申し上げるところ、大震災の影が強くて、祝いの言葉がでてきません。祝辞など受け入れられない方が少なくないと思います。しかし、復興は「遅々として進まず」ではなく、「遅々としてではあるが、進みつつある」と理解しています。昔からよく言うように「明けない夜はない」のであって、ホンの少しづつではあっても、光がさしていることを認め、元気をだして歩みたいと思います。

続きはこちらから
      ↑クリック
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。